成田シティージャーナル===============
H15年10月15日発行 第24刊 毎月15日発行 購読無料
==========================
成田の将来と日本の未来を見据えて撃つ!
そんなあなたにホットな話題をお送りする
最先端オピニオン紙

発行:ネットハウス
〒286-0044 千葉県成田市不動ヶ岡 1958
TEL 0476-24-6777 FAX 0476-24-6778
http//www.naritacity.com
成田市、佐倉市、印西市、富里市、酒々井町、栄町、小林、安食に折込
発行部数:130,000部
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

政治家に求められる資質とは!
日夜、自ら汗をかくことを厭わない仕事人の登場に期待!!

 つい先日、成田市議会議員の先生と話す機会があり、市長が交代しても暫く市政自体はあまり変わることはないということを耳にしました。一瞬耳を疑ってしまうような発言でしたが、その理由はいとも簡単でした。何故なら役所がらみの仕事は複雑であり、外部から今回参入された小林市長が成田市行政全体の在り方を理解するのには最低2年はかかるためだそうです。それ故4年という限られた任期では殆ど何も期待することができず、2期目に再選されて初めて多少の結果を出すことができるというのです。この市議の見解が成田市議会議員の全ての見識を代表しているとは言えませんが、確かに小林市長が当選してからこれまでのおよそ半年間、成田の行政に何ら変化は無いようです。選挙中は小林市長を含む各立候補者が複数の公約を掲げ、行政改革をあれほど訴えてきたにもかかわらず、一旦市長の椅子に落ち着いてしまったとたんに行政の実務に追われ、何時の間に改革の情熱を失ってしまったのでしょうか?
 まだまだ疑問は残ります。
せっかく新市長が就任したにも関わらず、協力関係にあるべきはずの市議会議員の殆どは市長に何も期待せず、「どうせ何もできないだろう」と冷ややかに横目で見るどころか、むしろ足を引っ張りながら何か失敗するのを待ち焦がれているのかもしれません。また市民も特に自分達の生活に困ることが無く、行政への関心も失いつつあり、小林市長から公約通りの改革の旗が上がらなくても何ら気にならないとするならば、これもまた問題です。もしそうならば、議員からも市民からも何ら期待されない立場に置かれた市長ほど、苦しい仕事はありません。
 市民一人ひとりに期待感があり、市議会議員も含めて全員がひとつの心となって「もっと成田を良くしよう」、「市長、がんばって下さい!」と心から応援する気持ちを持ってこそ初めて、小林市長も最大限の力を発揮できるのではないでしょうか?

市長を応援する大切さを米国民の愛国心から学ぶ

 アメリカの政治は基本的に共和党と民主党の2大政党に分かれ、上院、下院共にこの2党でいつも議席を争っています。市民も通常どちらかの政党に属しており、勢力的にほぼ均等に分かれているため、大統領は想像を絶するエネルギーを用いて巧みに世論の誘導を目論まない限り、国全体をまとめて国民の支持を得ることは至難の業です。そんなアメリカでも、同時多発テロ事件ような国家の一大事が起こると、国民は一斉に大統領を心から支持するサポーターに一変します。周囲の緊張感が高まるとき、国家が危機感に包まれる時、米国市民は強い愛国心をもっていつも「USA」と叫びつつ心を一つにしてきました。
 もしかすると日本国民はいつのまにか気楽な島国での平和な生活環境に慣れすぎてしまい、自分の利得のみを考えるようになったあげく、一国民として周囲の同朋と結束することの大切さを見失ってしまったのではないかと危惧しています。危機感に乏しければ市民の心が一つになることは難しく、政治に対する無関心層も増える一方です。これでは改革の炎が燃え上がる訳がありません。この現状を打破するためにも、成田市長を始め、政治家はもっと鋭く市民に対して危機感を煽りたてなければいけないのです。実際、問題は山積みです。

現状を否定する危機感を政治家は常に訴えるべき

 週間ダイアモンド誌9月27日号に「社長の偏差値」という大変興味深い記事が掲載されました。今や大企業の経営者も業績という目に見える数字の結果に応じて個人的にその実力度を比較される時代になりました。同様に、行政においても日本全国の市長の実力度をランク付けすることも可能であるため、近い将来に市長ランキングが掲載される可能性は高いと言えるでしょう。
 さて上場企業で成功を収め、偏差値が高く評価されている経営者には幾つかの共通点があります。その最も大切なポイントは「現状否定」です。すなわちどんなに現状が良く、収益も十分に確保し、会社の運営が落ち着いているように見える状態であったとしても、決してそれに満足することなく、意図的に社内に危機感をかきたて、不断の改革を仕掛け続けることに日夜努めていることです。それはどんな成功体験にもうつつを抜かすことなく、常に将来を見据えた上で戦略的な仕掛けを密に考案し、新規事業を淡々と推し進めていくことを意味しています。
 この「現状否定」こそ、民間企業のみならず、行政のリーダーシップにおいても重要なポイントです。これは単なる文句や執拗な批判とは違って、あくまで「もっと良くしたい」という強い向上心が根底にあるポジティブな思考です。成田市において、市長以下、市の行政を導く立場にある市議会の議員から何ら斬新な行政の改革案が出てこないのは、正にこの現状否定の認識が欠けているからに他なりません。そこでまずはリーダーである市長の「現状否定」を始めとして、その「危機感」をベースに役所内や市議会、及び市民の中にかつてない結束力と強い向上心が生まれることを期待したいものです。そして古い行政の体質を克服し、国内外の目まぐるしい環境の変化に適応できるようあらゆる面で徹底した行政改革を推し進めていくべきです。市民の将来と生活レベルの向上を考えるからこそ、今を否定して日夜改革に取り組まなければならないのです。

ワーカホリックな政治家が行政改革の先陣を行く!

 民間企業において結果をきちんと残している上場企業の経営者は全て、ワーカホリックという点でも共通しています。常に現状に対する強い危機感を抱いているため、休む暇もなく分刻みのスケジュールで奮闘しているのです。これらの経営者は全て仕事に忙殺されていると言えます。そしてキーワードは「社内では自分が一番仕事をしている」と言い切れるワーカホリックとしての自負です。この頼もしさがあってこそ初めて周囲のスタッフも一生懸命がんばってついてきます。仕事に命をかけるリーダーには必然的に求心力が生まれます。
 優れた経営者の素顔の中には、「夜の宴席は一切入れず、毎日ヘトヘトになるまで働く」ことを当たり前とする武田薬品の会長や、ローム社長の佐藤氏のように仕事一筋に頑張る余りマスコミにも殆ど登場しない方針を貫いたり、年間100回以上の海外出張をこなして国際通としての成果を極めるソニーの出井会長等があります。
 このような仕事人間こそ今や行政も必要としており、それが成田市長、及び政治家一般にも求められているのです。政治家も民間企業で成功を収めている経営者と同様に仕事人間であるべきです。そして日常の行政業務を取り仕切り、市内をくまなく巡り歩き回っては市民の声に耳を傾け、そのレスポンスとして行政の方針についてわかりやすくかつ大胆に語り続け、議会においては時間の無駄なく新法を取り纏め、できることは何でも即実行に移し、新聞やインターネット、マスコミを介して一般庶民との意思の疎通を図りつつ行政改革を推し進める。この非常に多忙なスケジュールを寝る時間も惜しまず必死にこなし、その大変さを厭うことがない純粋な姿があれば、市民は政治に信頼を寄せるようになるものです。

市民の声を聞くだけでなく政治家は自分の情熱を語るべき

 最近の国会答弁など、政治家の生の姿をテレビで見て呆れ返った人も大勢いるはずです。国会という国の最高レベルにある行政機関においてでさえ愚問と愚答に終始するナンセンスな水掛け論が繰り返され、おまけに野次や罵声が頻繁に会堂に響き渡ります。政治家の命はコミュニケーションにあり、自分の考え、理論をきちんとわかりやすく誰にでも説明できるスキルが不可欠なのですが、それができないのが今の政治家です。その点において小泉首相はコミュニケーションとパフォーマンスの大切さを良く心得ており、どんなに厳しい反発を内外から食らっても上手に振舞いながら、常に根強い支持率を維持しています。
 コミュニケーションの基本は2ウェイです。政治家は当然のことながら市民の声を聞き、要望事項に耳を傾けます。しかし単に聞くだけでなく、その後、様々なアイデアを取り纏め、そこから生まれる自己の信条や行政のポリシーを明確な言葉でわかりやすく正確に、市民に対して包み隠さず説明する必要があります。
 しかし現実問題として一般的に地方の政治家は「聞く耳」は持つが、上手に説明してそれを実行に移すことができないというジレンマに直面しているようです。鋭いコミュニケーションのスキルが無ければ、市民のモチベーションを高めることにつながらないのは明白です。成田市においても市長は単に市民の声に耳を傾けるだけでなく、これからはご自分のポリシーを明確に訴えていく必要があります。市民誰もが内心、面白くてわかり易く、気合の入った情熱的なメッセージを語る政治家が現れるのを待ち焦がれているのです。

政治家が自ら汗をかく時行政改革の炎が舞い上がる

 現代社会は型にはまらない自分流の政治哲学をしっかりと持った実行力のある政治家を必要としています。高い志を掲げ、溢れんばかりの情熱を持ち、市民の心に火をつけて社会の改善に大きな期待を持たせ、「やる気」を起こさせるようなリーダーの登場を待っています。今や政治家も自ら汗をかくことが大切な時代となりました。市民一人ひとりがもっとアクティブに市政に参加するために、また社会全体が保有する潜在能力を最大限に引き出すためにも、政治家には社会全般のリーダーとして日夜、仕事人としての平凡な原則をひたすら守り抜き、わかり易く、期待感に満ち溢れた政治を実践することを心がけてもらいたいものです。

(文:中島尚彦)

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

成田でsail on!

Voyage22 命名

 今から10数年前、初めて仲間と小さなクルーザーを買いました。それまではヨットのオーナーと知り合いになり、クルーとしてメンバーの一員に加えてもらう、いわば居候のような形で若手が集まっていました。ところがそのヨットのオーナー(こちらは我々より平均年齢が10歳ほど上)たちが解散することとなり急遽乗る船がなくなりました。残された私たちの取る道は、新しいオーナーを探す、自分達でヨットを購入する、ヨットに乗ることをあきらめる、この3つのうちのどれかです。そんな中で、自動車でいえば試乗車にあたる、新品だけどちょっとメーカーで使った艇が格安で購入できる話を聞きつけました。何とか継続してヨットに乗りたい私たちは、今までのメンバーだけではちょっと予算が足りないので新規のメンバーを集めて憧れの船を買うことにしたのです。
 船の置く場所を決め、一応会則なる物も作成し、金策に頭を悩ませながらも各メンバーともにウキウキ気分で引渡しの1週間前を迎えました。と、ここで船名が決まっていないことに気づき、あわててメンバー間でどうするか連絡です。当時はまだ個人の家にFAXもなく、e-mailの言葉さえ無い時代です。各自会社のFAXをこっそりと使い、まとめ役のメンバーへ希望の船名を5個記入し送信。まとめ役は全員の候補リストを再度返信し、改めてその中でどれがいいか再投票し、一番投票数の多いものに決定しようということになりました。ところがこの手順で進めたところ、全員均等に費用を負担していることもあって発言力も同じの為なかなか自分の意見を譲らず、やはり票が割れて決定に至りません。しょうがないので最終決定は引渡しの当日ハーバーで行うこととしました。
 引渡し当日、それぞれの家族を引き連れヨットハーバーへと向かったメンバーは、購入した船を万国旗で飾り付けし、これで本当にヨットのオーナーになったという感激で興奮気味の中、船名最終決定の打ち合わせです。ところがこの後に及んでもなかなか決まりません。家族も含めてもう一度考え直そうとか、くじ引きで決めてしまえとか、決める方法についてまで意見が割れて収拾がつかなくなり、まわりではメンバーの子供達がガサガサ走り回り、おなかがすいたとぐずり始め、皆がいらつき始めたそのときです。
 幼稚園の子供が「じゃじゃまる!!」
と一言。当時のNHKの子供番組で人気の、このキャラクター名を聞き、船の名前には××丸とつくものも多いし、良いのではないかと誰かが言うと、またたく間に話がまとまってしまいました。当然FAXでやりとりした数多くの候補にはなかった名前で、今までの長いやりとりは一体何だったんだと思いながらも、ようやく懸案事項が片付き、ほっと一息です。名前も決まり晴れて初乗りを楽しみ無事引渡し式も終了しました。
 船名と一緒にじゃじゃ丸の大きな顔のシールを船首に貼り付けたヨットは、現在でも浜名湖で週末にレースで活躍しています。船名1つ決めることにこんなにもめたことも、今となっては良い思い出です。メンバーもまだ20代後半と若く、初めて自分達のヨットを持つ感激があったため、あれだけ真剣に考えたのです。名付け親の幼稚園の子供も今では成人式を終え、当時のメンバーも各地に散ってしまいましたが“じゃじゃ丸”の名前は私にとって一生忘れることができない名前となりました。

(文:高坂昌信)

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ここが変だよ!成田

成田の標識を全てバイリンガルにしよう!

 成田は日本の玄関である国際空港がある為、諸外国から日頃大勢のビジターを迎え入れています。また単に旅行者が通りすがるだけの街だけではなく、実際に大勢の外国籍の方々が成田界隈に居住しており、正に成田が国際都市と呼ばれる所以です。ところが上海やソウル、バンコク等、他国の主要都市と比較すると、成田市内において英語の標識が比較的少ない現実に直面します。すなわち街中に掲げられている標識の多くが日本語のみで記載されており、大半の外国人の方が読めないことが問題です。人目につく主だった道路上の標識や、街中に掲げられている掲示板、駅の標識など、国際都市であるならば当然のことながら日本語だけの表記ではなく、少なくとも世界の共通語である英語で併記しなければなりません。そして日本語が読めない外国の方でも安心して街中を行き来できるように配慮しなければならないのです。この際、真の国際都市を目指し、思い切って全ての公共標識は今後バイリンガルにする、と条例で定めるべきです。日本人も外国からのビジターも皆がアットホームに感じる環境を提供することによって始めて、成田は自他共に認める国際都市となり得ます。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
Let's Tennis! その21 

テニスプレーヤーは羊の腸が好き!?
 テニスラケットに張ってあるストリングスは、一般的にガットとも呼ばれています。一昔前までは羊の腸を乾かして縒り合わせた糸、すなわちシープガットが使用されていた為、いつしか合成ストリングスでもガットと呼ぶようになりました。シープガットは高価であり、水に弱いため耐久性も合成のものと比較すると著しく劣ります。しかしボールが当たる時の感触に独特の響きがあり、その優れた打球感が多くのプレーヤーを長年虜にしてきました。今日では合成のものが主流であり、品質も格段に向上し続けています。単にシープガットに近い打球感を得ることができるだけでなく、耐久性にも優れているため、内心シープガットよりも合成ストリングスの方が高級感があるように思えてなりません。が、シープガット信者いわく、所詮、人工ストリングスは羊の腸になりきれないとのこと。上手なプレーヤーはテンションを60ポンド以上にきつく張ることが多いのですが、きつく張れば張るほど芯に当たった時の「快感」はシープガットに分があります。次回ガットを張り替える際は羊の腸も一考の余地あり?

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
日本とユダヤのハーモニー
第9章 大和民族の魂の故郷「高天原」タガマハラの謎が今、解明される!!

 日本の古代史を正しく理解するためにはイスラエル史を含むアジア大陸の歴史と地理を理解することが不可欠です。特にヘブライ語や古代シュメールの文化への理解を深めるだけで、今まで考えもつかなかった新しい歴史観が浮かび上がってくることがあります。
 紀元前八世紀、イスラエル国家が崩壊し民族が歴史から姿を消した数十年後、大陸を越えた東の島々で天皇家の歴史が始まり、アジア大陸では騎馬民族の台頭と共に西アジアから東に向かって民族大移動が始まっていました。そして、旧約聖書のイザヤ書には国家を失った民が東の海の島々で神を讃えることが書かれており、その救い主のシンボルとして登場する「イザヤの子」とヘブライ語で同じ意味を持つイザナギが、日本の神話で島々を生んだ神として登場することはすでに述べました。また日本神道の総本山ともいえる伊勢神宮の奥宮が「いざやの宮」と呼ばれ、その紋章がイスラエルと同じダビデの星であることなど、これだけの史実を振り返って見てもイザヤ一家が何らかの形で日本国家の創立、すなわち初代天皇の即位に関わったという仮説が十分に成り立ちます。
 もしイザヤの子がイザナギに象徴される実在の人物であったとするならば、日本書紀や古事記に書かれている神話は単に七世紀の宮廷知識人が複数の神話を織り込んで創作した物語ではなく、むしろ新天地を求めたイスラエルの民がイザヤの子をリーダーとして故郷の西アジアの地を離れ、様々な困難を乗り越えてアジア大陸を横断し、やがて日本列島を発見し大和の国を建国するまでの様々な体験談が長年語り継がれ、神話化された可能性の方が高いのではないでしょうか。
 古事記が単なる創作神話ではないことを思わせるキーワードが「高天原」です。高天原とは日本神話では天上の神々のいる場所とされています。天地ができる最初、天つ神々は高天原で相談しあい、イザナギとイザナミに矛で海をかき回させて地を固め日本の島々を作らせました。これが古事記の冒頭にある「国生み神話」です。驚くことにこの高天原という場所がアジア大陸に実在するのです。
 聖書に登場するアブラハムという人物は今日でもキリスト教やイスラム教を含む多数の宗教において「信仰の父」として崇められておりイスラエルの先祖にあたります。そのアブラハムの出身地が西アジアのタガーマ州にあるハランという町、すなわちタガーマハラなのです。アブラハム一家が神の命に従いハランから約束の地イスラエルに移住して十二世紀の後、国家を失ったイスラエルの民は新天地を求めて東へ旅する際、まず最初にアブラハムの故郷であるタガーマハラに戻って来たのでしょう。そこで民族のルーツを再確認し、祖先の発祥の地としてタガマハラの地名が神話化されていったのではないでしょうか。また古事記では天つ神が高天原で育てた稲を苗裔である天皇に与えたため、天皇が地上を支配するようになると書かれていますが、実はタガーマ州の地域は大麦とエンマ麦の生産において驚異的な収穫がなされていたことが遺跡から発掘された記録に残されていることから、麦や米の高度な稲作技術がこの時点で日本列島に輸出され始めたと理解すれば色々な弥生時代の謎が解けてきます。古代日本史はアジア大陸全体を広い視野で見渡す中で高天原を捉えるとますます面白くなります。

(文:中島尚彦)

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
かもねぎの
COME ON MUSIC!! 20

 ここでは古い楽器をよく紹介しますが、これもかなり古い歴史を持つ楽器です。ディジュリドゥはオーストラリアの原住民アボリジニーの楽器で、白アリが食べて空洞になったユーカリの木をそのまま使っています。長さは1m以上と大きく、「ブヨブヨブヨ〜」「ビロビロビロ〜」と吹くだけで全身が重低音で振動するような音が特徴的です。音階は特になく、音程よりも音そのものを楽しみます。
 トランペットなどの金管楽器を吹くときに唇を小刻みに震わせますが、ディジュリドゥはもっと大きく震わせます。種も仕掛けもない筒を吹くだけであんなすごい音がするとは、最初はにわかには信じられませんでした。しかもアボリジニがディジュリドゥを吹く時は、まるで息継ぎをしていないかのように音が途切れません。これは鼻で息を吸いながら口で息をはく循環呼吸という手法を用い、しかもこれをエンドレスで繰り返しているからです。昨今ではイギリスのアーティストがCDで用いて人気に火がつき、若い人の中でも浸透している楽器です。ずっと吹いていると太古の時代を連想させる不思議な神秘的な音を放ちます。
★★★★★NEGGY加茂スケジュール★★★★★
最近「お前はいつ演奏しているんだ?」というお問い合わせが多いので
スケジュールを紹介します。」特別な表記がないものはギターです。
10/18(土)ガーデンホテル成田 PM8:00 KING JOEで出演
10/19(日)松尾町ビアレストラン寒菊 PM1:00 KING JOEで出演
11/2(日)栗源町WOODSTOCK PM8:00 KING JOEで出演 
熊本県天草よりシンガーソングライターマッコイ池田が登場!!魂の唄を聞け!!
11/8(土)松尾町ビアレストラン寒菊 PM1:00 KING JOEで出演 
ブルースバンド集合です。
11/23(日)栗源町WOODSTOCK PM8:00 KING JOEで出演 
元ブルーハーツ、忌野清志郎BANDの山川ノリヲ率いるギターパンダが
登場!!抱腹絶倒間違いなし!!
お問い合わせは以下
ガーデンホテル成田 0476-23-5522 ビアレストラン寒菊 0479-86-3050
WOODSTOCK 0478-75-1119

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
株式透視

目先調整か !?久しぶりに政治が焦点に !!

 4月28日の日経平均のザラ場安値7603円から9月19日11160円まで47%上昇したことで、日本企業の今後の増益予想を加えて計算したとしても、欧米株式に比べ(日本株の)割安感は小さくなっている。既にTOPIXの今期予想PERは約23倍と欧米アジアを上回る水準にある。国際型のポートフォーリオで日本株比率を高める動きになったが、日本経済の中長期的な潜在成長率の低さを考えれば、PERが欧米アジアより高い理由は無い。日経平均の200日移動平均線とのカイ離も高値時点で25%超とバブル崩壊以降で最高水準となった。
 目先の調整局面入りの可能性をあげるうえで、小泉政権のとってきた経済政策を振り返ると、緊縮財政や増税と米国の意向で動いてきた。自民党総裁選での小泉氏再選後、竹中氏の首を変えることは米国政府が許さず、これまで通りの経済活動を抑制する(不況)政策を継続することとなる。17日に来日するブッシュ大統領は、日本のイラク復興負担を要求すると見られているが、自衛隊のイラク派遣や戦費負担は、国内が揺れ、日本株にも下落圧力が高まることになる。米国市場の動向にもよるが、日本の政治日程からは、これまでに日本株は目先の小天井を付け、調整局面入りになる可能性がある。事が大きくなり、11月予定の衆議院解散総選挙で自民完敗にでもなれば更なる波乱の可能性も出てくる。

日経平均(週足)

<推奨銘柄>>4503 山之内製薬

100株単位。医療用中心、新薬開発に定評のある製薬会社である。04/3期は前立腺肥大症の排尿障害改善剤「ハルナール」、C型肝炎治療薬「アドバフェロン」などが堅調持続。高血圧治療薬「ミカルディス」も通期寄与。連結経常は増益。チャートで持合を上放れた銘柄が多い中、未だ持合を継続中である。全体調整色を強めるようであれば、過去の経験則から動く可能性が高いと判断する。
9/22終値3210円 目標4500円ロスカット2950円 (9/23記)

4503 山之内製薬(週足)

関東財務局長第937号
エヌ・オー・ティー投資顧問 
鈴木晃一(成田市在住)
銘柄相談等、お問合せ大歓迎します。 TEL/FAX 0476-24-6777


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

Dr,米井のアンチエイジング講座 パート2
内から外からお肌のアンチエイジング 第12回

運動療法

 運動療法は大きくわけて、有酸素運動(ジョギング・エアロビクス・ジャズダンスなど)、筋力トレーニング、ストレッチ(柔軟体操)の3つがあります。
朝めざめたら、まずストレッチ。そしてジョギングといきたいところです。多くの女性は、この辺で満足してしまいがちですが、ここはなんとか筋力トレーニングを加えてください。筋肉トレーニングというと、すぐにマッチョを想像してしまう人もいますが、誰もそんなことは言っていません。ただでさえ、女性は男性よりももともとの筋肉量が少なく、筋肉というものは加齢とともに徐々に少なくなってしまうものなのです。70歳以上で寝たきり状態になってしまう原因は、骨粗しょう症だけではなく、筋肉が衰えることによって骨や関節を保護する力が弱まるからなのです。特に女性にはこの傾向が強くみられます。
 また、適度な運動はストレスの発散にも効果的で、良質な睡眠をもたらしてくれる作用もあります。呼吸法とストレッチを組み合わせたヨーガもおすすめです。ストレスも睡眠障害もお肌の健康の敵です。せっかく美容外科できれいにした肌をきれいに保つためにも、生活に運動を積極的にとりいれてください。適度な運動は、肌に好ましい作用があります。ただし、競技スポーツなどハードにやりすぎると、かえってストレスになってしまいます。1日1時間以上のジョギングは意味がありません。その分をうまく筋肉トレーニングやストレッチにわりふりましょう。30歳を過ぎたら紫外線の浴びすぎに気をつけましょう。日光浴は1日20分が限度です。

アンチ・エイジングのための運動療法
1日1時間 運動療法にあてましょう。
有酸素運動  20分 ジョギング・エアロビクス・水泳
筋肉トレーニング 20分 ダンベル運動・スクワット・
    腹筋・背筋・腕立てふせ
ストレッチ  20分 呼吸法・ヨーガ・気功

◆皮膚の局所療法
 皮膚の老化の大きな原因である紫外線対策(UVケア)は重要です。化粧用のファンデーション・ローション・クリームなどを用いる場合でも、UV対策がなされているものを使用します。皮膚の角質の保湿目的では、尿素を含む軟膏(商品名 ウレパール・ケラチナミン)などの保湿クリームが有効です。これにより皮膚の刺激が真皮に達するのを予防します。
最近では、ビタミンCなどを含む軟膏・クリームなども多く市販されていますが、水溶性ビタミンCは皮膚からのビタミン吸収効率が低く、その効果は弱いでしょう。

・レノバクリーム
 オルト社(アメリカ)が開発したこのクリームの特徴は、レチノール酸を使用していることです。最初に洗顔をして、お化粧をよく落とし、皮脂を取りのぞきます。肌が完全に乾くまで20〜30分間待ちます。次に、薄くこのクリームを塗ります。使いはじめて1〜2ヶ月で、肌がスベスベしてきて、2〜3ヶ月で、シミ・小ジワが消えはじめます。5〜6ヶ月で、肌の小ジワが減ってきます。
 レノバクリームは、レチノイン酸が表皮と真皮の細胞核に直接作用して、その働きを活性化させて、肌を再生します。しかし、皮がむける、肌が赤くなる、紫外線を防ぐ力が落ちる等の弱点があります。

・カイネレースクリーム
 アメリカのICN社が開発した「カイネレース」は、カイネチンという植物ホルモンの一種が主成分です。植物ホルモンながら、ヒトの皮膚の線維芽細胞にも働いて、その寿命を伸ばすことが確かめられています。効果が高く安全で、肌のシミ・シワの改善に有効。皮膚の副作用がほとんどないのが特長です。肌の若返り用スキンケアとして、おすすめできるクリームです。

著者プロフィール:米井 嘉一(よねい よしかず)
1958年東京生まれ。慶應義塾大学医学部卒。現在、日本鋼管病院内科・人間ドック脳ドック室長、(株)サウンドハウス産業医。Anti-Aging Medicine
(抗加齢医学)の伝道師としてテレビ、ラジオ、雑誌等で活動中
米井抗加齢研究所(http://www.yonei-labo.com/)所長
日本抗加齢医学会 http://www.anti-aging.gr.jp