成田シティージャーナル===============
H19年02月15日発行 第64刊 毎月15日発行 購読無料
=========================
成田の将来と日本の未来を見据えて撃つ!
そんなあなたにホットな話題をお送りする
最先端オピニオン紙

発行:ネットハウス
〒286-0044 千葉県成田市不動ヶ岡 1958
TEL 0476-24-6777 FAX 0476-24-6778
http//www.naritacity.com
成田市、佐倉市、印西市、富里市、香取市、山武市、八千代市、四街道市
酒々井町、栄町、小林、安食、多古町、横芝光町、芝山町、神崎町に折込
発行部数:275,000部
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

生と死 Part.III 『いじめ問題』にチャレンジ!浦島太郎の物語から子供達の命を守る秘訣を探る!!

いじめは今も昔も変わらない?

  『浦島太郎』という古典的な童話の原点は「いじめ」です。子供達が海辺で無力な亀を棒で叩いていじめている姿を見かねた浦島太郎が、体を張って亀に助けの手を差し伸べ、そのお礼として龍宮城に招かれるストーリーは余りに有名です。人間による弱い者いじめは、どうも大昔から存在しているようです。
  いじめの現象は日本だけでなく、海外でも見られます。C.F.ルイスという米国の著名なSF作家が書いた小説の中に、子供達が生き物を平気で殺して楽しんでいる姿にあきれた宇宙人が、人類を滅ぼすというストーリーがあります。子供達は放っておくと、好き勝手に動物や友達をいじめて楽しむ傾向があるのでしょうか、いじめに関する文献は枚挙に暇がありません。
  以前、小学生になったばかりの我が子が群れをなして歩いている蟻を見つけ、面白がって踏み潰している姿を目撃したことがあります。むやみやたらに生き物を殺すことは何事かと、この行いを見るや否や厳しく叱りました。父親が余りに激怒したせいでしょうか、それからというもの、子供達は一変して生き物を大切にするようになりました。その後、学校の通信簿に「動物を大変良く可愛がります」というコメントを読んだ時は、ほっとした思いになったのを今でも覚えています。

いじめとは、異質を徹底排除する暴力

現代の子供達は、いつ、誰から「命の大切さ」や、「弱者に対する思いやり」について学ぶのでしょうか?「一寸の虫にも五分の魂」という昔からの諺が、いつの間にか死語になってしまったように思えるのは単なる錯覚ではないようです。ゲーム世代に生きる今の子供達は、その仮想世界の中でバトルの連続を経験し、人を殴り、蹴り、時には銃で撃ち殺すというような暴力シーンを平気で長時間見続けています。その描写は余りにリアルであるため、時折ゲームの世界と現実との識別ができなくなることもあるでしょう。またゲームなら、ちょっとでも気に入らなくなるとリセットして、再び好きな時にやり直すことができます。この安易なゲーム感覚が、実社会においても青少年を軽率な行動へと誘導し、動物はおろか、人間に対しても平気で暴力を振るわせてしまうようです。人間としての思いやりの大切さに気が付くこともなく、挙句の果ては悪質ないじめとしてエスカレートしていくのです。
  浦島太郎の教訓が全く活かされない時代、それが現代社会です。そこには異質なものをことごとく排除しようという精神構造が見え隠れしています。それ故いじめの矛先は、考えや見かけが少しでも異質と思われる人達に執拗に向けられるのです。例えば物静かでおとなしく、まじめな良い子は遊び仲間と相容れない「異質」であると断定され、いじめに遭ってしまうのです。この「いじめ」の本質は子供の世界だけでなく、実は大人の世界でも全く同じことが言えます。「いじめ」は今やどこにでもはびこる社会現象なのです。
  

いじめの責任は誰にあるか?

 あるアンケートで「子供のいじめの責任は誰にある?」と聞いたところ、最も多い答えは「親」、次に「いじめている子供」、その次が「学校」でした。無論このアンケートの答えが全てではありませんが、やはり親の責任が一番問われるべきであると考えている人が大多数を占めています。特筆すべきは「いじめられている子供」にも責任がある、として4番目に列挙されたことです。
  そもそも人間が生きるということ自体がチャレンジの積み重ねであり、それは決して生易しいことではありません。だからこそ子供達には「いじめくらい何のその」という位の強く逞しい精神力を持ってほしいものです。幼い頃から精神面における鍛錬を経て、自分を守り、且つ、弱い者をも守る正義感を持つような教育を受けていれば、例えいじめに遭ってもそう簡単にくじける訳がありません。
  しかし現実は程遠く、いじめに遭う子供達に、逞しくなれ!と叫ぶだけでは精神力は鍛えられません。子供の精神力を養うためには、様々な苦労を子供達に経験させなければならないのです。「子供には苦労させたくない、勉強だけしてもらっていれば良い」と考えるような親がいる限り、無力な亀のような子供達が量産されるのです。やられ放題痛めつけられ追い詰められても、助けを呼ぶことさえできない、正に海辺に一匹だけ残された亀のような存在の子供達が何と多いこと!そしてそのような「亀」をクラスメートの中に見つければ「おい、やっちまえ!」と、つい悪乗りして袋叩きにしてしまう子供達も大勢いることは想像に難くありません。
  かといって「いじめられる方が悪い」という極論も避けなければなりません。何故ならいじめ問題の根本はいじめる側にあり、教育機関も彼らの親もいじめ問題を監視する義務を持っているからです。いじめ問題に関わる双方の親を含め、皆がこの社会問題を総合的に検証をしながら子供達の持つ心の問題に取り組まなければ、解決策は見出せないでしょう。

いじめ問題の原因は親にあり!

 子供の教育責任は誰にあるのでしょうか?本来、親と家庭にあるべきものが、昨今の風潮として学校側にあると思われがちです。日本人としての倫理道徳感は文部科学省によってその方向性が定められており、教育そのものが義務教育機関にアウトソースされているのだから、学校の責任は重大であるという考えに傾いているようです。それ故、昨今のいじめによる自殺に関する報道を振り返ると、自殺に追い込まれた子供の親が一様に学校の先生を強く批判するシーンばかり続いています。いつの間にかいじめ問題はそれを放置した学校側に責任があるという見解がまかり通り、いじめる側といじめられる側、双方の親の責任を語らずして、教育機関に責任を転嫁する構図が当たり前のようになってしまいました。でもこれは間違いです。
  根本的に子供達の精神教育とマナーの育成は、教育機関にアウトソースできるものではありません。これは子供達が幼い頃から家庭にて育まれてくるものです。確かに学校側の対応にも不適切な部分があり、いじめを防ぐ為の対策が不十分だったかもしれません。しかし所詮、学校とは子供達に学問を教える教育の現場であり、子供達の生活習慣や挨拶、態度、マナーまで教えるところであってはならないはずです。そんなことをしていたら、ますます日本の教育レベルは世界から遅れをとってしまいます。個々の子供が抱える心の悩みや問題については、カウンセラーを通じて学校側がシストする必要性はありますが、学問以外の基本的なマナーや精神教育の責任は、あくまで家庭にあるのです。
  つまり、平気で弱い者いじめをするような子供が育つのは、親の教育が悪かったと言わざるを得ません。また、いじめられた側の親にも当然ながら問題があります。いかなる悪質ないじめにあったとしても、自殺を考えるような軟弱な精神を持つ子供に育てた親の責任は重いのです。それに、万が一自殺まで真剣に考える程の精神的苦痛を子供が抱えていたとしても、子供の方から親に相談があってしかるべきです。しかし何も告げずに黙って命を絶つということ自体、親に対して心を開いていなかったことの証でもあり、親子間の溝を感じないではいられません。自殺した子供の親は執拗に学校の責任を問いたがる傾向にありますが、まず自らの落ち度を省みるべきではないでしょうか。

いじめに解決策はあるか?

 いじめ対策に即効薬はありません。モラルの教育、家族関係の改善、教育機関と学童、親との連携プレー、カウンセリング施設の充実、そのどれをとってみても、時間のかかることばかりだからです。でも何もしないことには始まりません。ここでは浦島太郎の童話から、いくつかの教訓を得てみたいと思います。
  まず浦島太郎の童話を幼い子供達に読んで聞かせ、ストーリー全体の流れから、弱い者を助けることが素晴らしいことを教えるのです。その為にも親子の絆をしっかりと保ち、子供に童話を読んで聞かせてあげるような心と時間のゆとりを親子が共に持つことが必須です。
  次に、海辺でいじめられる亀の話から、浦島太郎がその現場を見たとたんに、有無を言わせず亀をかばった勇敢な姿にスポットをあててみましょう。勇気溢れる本当に美しい姿とは、どんな状況下においても正義の為に果敢に闘うことではないでしょうか。しかしゲーム脳的な感性に侵されがちな現代社会の子供達は、バトルに勝つことのみに専念したがる為、どうしても強い味方を持ちたがります。その思いがいじめに輪をかけているのです。つまりいじめとは格好のバトルであり、弱い者をたたき潰して必ず圧勝することのできるゲームなのです。でもその優越感はとんでもない虚像であることを気づかせなければなりません。
  また、見て見ぬふりをすることは道義に反することも、浦島太郎から教えられます。今や、いじめを目撃したら即介入して、やめるように忠告したり話し合ったりする度胸と大胆さが誰にも求められています。もしいじめを無視して通り過ぎるならば、その人もいじめの共犯者である、という認識を持たなければいけません。最後に、龍宮城の話から善行には必ず良い報いがあることを語り告ぐべきです。無論、それを望んで助けの手を伸べるのではなく、あくまで人間として行うべきことを率先するにすぎません。弱い者をいじめる人は結局の所、多くの祝福から取り残されることを知るべきです。
  子供達が「命」を粗末にすることなく、思いやりを持って友人と接し、尚且つ弱者を助けることを喜ぶハートを持つならば、皆一歩、龍宮城に近づいたと言えます。

(文:中島尚彦)

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
世界の片隅から

-国連職員の仕事- 5 日本人国連ボランティアの活躍

 前回書きましたように、家を焼かれた6万5千人の市民にどうやって冬を越させるかが、私の市長としての最初の課題でした。日本政府から住宅修復プロジェクトの資金をいただき、修復資材をコソボ内外の業者から買い付ける手はずは整えましたが、援助というものは金や物を用意するだけではだめです。本当に援助を必要としている人々に、必要なものを必要なときに届けなければなりません。そして提供した援助が当初の目的を達したかどうかをきちんと確認し、資金の提供国(ドナーといいます)に報告しなければなりません。流行の言葉で言えば、アカウンタビリティということです。さらにドナー(この場合日本政府)は、自分たちの援助が受け手に認知され感謝されることを望みますから(いわゆる顔の見える援助です)、そのための手立ても考えなければなりません。そこで私は、住宅修復プロジェクトの運営実施をアドラ・ジャパンという日本のNGOにお願いし、プロジェクトの進捗をモニターするために、20人の日本人国連ボランティアに来ていただくことにしました。

 こうして冬も間近に迫ってきた1999年の11月には、20代から60代までのさまざまな経歴の日本人ボランティアがコソボに集まりました。プロジェクトの予定はすでに遅れ気味でしたが、彼らの活躍は目覚しいものがありました。彼らが活動を始めてすぐにわかったことは、村への資材の運び込みと村人たちの作業を単にモニターするだけでは、予定通りには進まないということでした。こういう場合でも、日本人は「契約書に書かれていないからこんな仕事はやらない」などとは言わずに、臨機応変に独自の判断で行動してくれます。どの村で何軒の家を修復するか、ということは事前に調査してある程度決めておいたのですが、すべての家屋を修復できるわけではなく、直した家には部屋数に応じて複数の家族が同居しなければなりません。ですから誰の家をまず直し、どの家族が同居するのかということで揉め事が起きます。また実際に家を修復する作業はそこに住む人が自分たちでやらなければならないのですが、母子家庭や老夫婦だけの家庭では、木材やレンガや屋根瓦などの資材をもらっても独力では家の修復はできません。また雪が積もってきて一般車両では村に入れなくなると、国連PKOの軍隊に大型トラックをお願いしなければなりません。こういった様々な問題を日本人ボランティアは力を合わせて一つ一つ解決していったのです。

 こうして最終的には私の市だけでも931軒(近隣の市を合わせると1595軒)の住宅を修復し、8653人の人々(近隣の市を合わせると1万7934人)に冬を越す部屋を提供することができたのです。そしてこれは特筆すべきことだと思いますが、スケンデライ・セルビッツア市ではとうとう一人の凍死者も出さずに冬を越すことができたのです。もちろん一番がんばったのはコソボの人々ですが、日本政府からの資金援助と日本人ボランティアが果たした役割もきわめて大きかったと思います。このプロジェクトで修復した家屋には日の丸のついたプレートをつけたので、いまでも村に行くとどの家を修復したのかがすぐにわかります。そしてそこに住んでいるコソボの人々は、彼らが最もつらい思いをした戦後最初の冬にやってきて彼らの家の修復を手伝ってくれた日本人ボランティアのことを忘れずにいるのです。人々の命を救うこと、それが人道援助です。

(文:井上健)

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
成田グルメNAVI 第19回

寿司バトルin成田・三番勝負!〈その一〉 スーパー回転寿司やまと 成田店

 イオン周辺が回転寿司のバトル地域と化している。その強豪3店舗を3ヶ月にわたり検証。寿司の味や価格、店の雰囲気だけでなく、個別注文ができるか、日々のお奨めメニューがあるか等を評価の対象とした。

 まずはイオン内にある「やまと」に潜入。立地条件の良さもあり、いつも大勢の客で賑わっている。かれこれ4-5年は通っているが、店内のスタッフがいつも同じ顔ぶれであること自体、会社の母体がしっかりしている証拠なのだろう。テーブル席にはタッチパネル式のテレビスクリーンが設置され、わざわざスタッフに声をかけなくても簡単にオーダーすることができる。特に「やまと」は常連のお客さんが気軽に個別注文しているので、お好みも頼みやすい。やはり握ってもらったものをすぐに食することがベストだ。さて値段はといえば、たこは120円、いわし・あじ・まぐろは180円と普通。そこでまず大トロに挑戦。480円とちょっと高価であったが、味は半端な中トロのようで失格。次のあなご1本は急いで温めたせいか中が冷たく期待外れ。それでも180円のこはだは大振りながら美味しく、本日お奨めの赤やがらにはちょっと感動。しかし、やはりまぐろが美味しくなければ寿司屋は心残りになる…と痛感した「やまと」体験でした。

総合評価 ★★★☆☆

(文:中島尚彦

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
日本とユダヤのハーモニー
囃子詞に秘められた謎
第14章 昭和の民謡にも息吹くヘブライツールの囃子詞
〜日本語の謎をヘブライ語で解き明かす!

 民謡の作詞・作曲には、歌い手が声高らかに喜び唄う囃子詞の活用が不可欠です。これらの囃子詞はどのように伝承されてきたのでしょうか。少なくとも近代史の中ではやはり、囃子詞を伝承する役目を担った語り部のような方が存在するようです。山形県民謡の「最上川舟唄」を例に、どのようにして囃子詞が取り入れられてこの民謡が完成したか、その成り立ちを振り返ってみましょう。

  山形県の中心を流れる最上川は日本3大急流の一つです。船乗りにとって、このうねりの強い川を上手に下るには、常に漕ぎ手と舵取りとの意気投合が求められる為、互いに掛声を叫び合うことが不可欠でした。これらの掛声は複数の舟唄に囃子詞として取り入れられ、民衆の間にも伝承され続けてきました。 1932年頃の話になりますが、NHKで「東北民謡の旅」という本を出版するにあたり、最上川周辺で古くから唄われている民謡を紹介することになりました。そこでNHKから依頼を受けた歴史家の渡辺国俊氏は、当時酒田市で船頭をしていた老婆から「酒田追分」を教えて頂き、その唄に最上川周辺で聞いた掛声をうまく組み合わせて「最上川舟唄」の原型を書き上げました。ところが、この自信作と思われた民謡に対し、当時東北民謡の権威とも言われた後藤桃水先生から、最上川の情緒を唄うにしては心遣いに欠けているという指摘があり、作曲し直すことになったのです。そこで今度は民謡家の後藤岩太郎氏の力を借りて最上川周辺を再度探索し、舟唄の掛声を熟知する船頭の後藤作太郎氏と出会うことができました。その結果、歴史家と民謡家そして船頭3人の協力によって、既存の掛声をうまく取りまとめるだけでなく、そこに「ボルガの舟唄」というロシア民謡の音楽的要素を取り入れ、今日の「最上川舟唄」が完成したのです。

 この舟唄では、「ヨーイサノ マガーショー エンヤーコラ マーガセー」という4つのフレーズからなる囃子詞が繰り返し唄われます。ヨーイサノの「ヨー」はヘブライ語で神を意味する「ヤ」とほぼ同等の発音であり、「イサ」は救い主、また(noo、ノ)「さて、今」を意味します。つまりヨーイサノは「今こそ神の救なり!」となります。マガーショは栄光を意味する(meged、メゲ)と、平安であることを意味する(シャアン)という2つの言葉が合わさってメゲーシャーとなり、それが訛ってマガーショー「栄光、平安あれ!」という意味の言葉になったと考えられます。エンヤーコラは既に解説したように「神の御声の泉」の意味です。そしてマーガセーはマガーショと同様に栄光の意を持つ(メゲ)という言葉に、「喜ぶ」を意味する(sas、セイ)を足すことにより、「栄光、喜べ!」となります。

 更にこの民謡では「エーエンヤーエー ヤーエー エーエンヤーエー エード」と、神の名前である「ヤーエー」が繰り返し叫ばれます。その意味は「神の泉、我が神」であり、念頭の「エー」はエンヤーを強調するためにリピートされていると考えられます。締めくくりの「エード」は(ed、エード)という「証人」を意味します。
  つまり「最上川舟唄」は平安と喜び溢れる「神の泉」を「我が神の証」として歌っていたのです。こうしてヘブライルーツの囃子詞は長い歴史の中で定着し、新しい民謡の中にも受け継がれていたのです。

(文:中島尚彦)

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
かもねぎの
COME ON MUSIC ! ! 60
 注目のイン・ストア ライブ!!

来る2/24(土)に注目のイン・ストアライブが行われます。石間秀機さんといえば全盛期の沢田研二のバンドCo-Coloが有名です。私はトランザムが好きでした。日本のラーガロックの第一人者の石間さんの演奏が入場無料! これは見逃せない!!

TASCAM
GA-100CD
デモンストレーション イン・ストア ライブ!
2007年2月24日(土)
サウンドハウス ショールーム ステージ
開演:PM3:30〜/入場無料

高音質、多機能に優れたギターアンプ
TASCAM GA-100CDと
石間氏が開発した唯一無二の
シターラとを融合させた
極彩色な音世界を堪能させてくれる
スペシャル イン・ストア ライブが実現!
ぜひお誘い合わせの上お見逃しなく!

※当日はデモ・コンサート終了後アンケートにお答えいただいた中から抽選でプレゼントを差し上げます。 また当日GA100CDをお買い上げいただくとBEYERヘッドフォンをプレゼントします。

石間秀機プロフィール
1967年GSバンド「ビーバーズ」でデビュー。その後内田裕也に誘われ、ロックの伝説となった「フラワー・トラヴェリン・バンド」へ加入。69年10月ファーストアルバム『ANYWERE』の発表を経て日本のバンドではほとんど前例がない海外進出を果たし、アルバム『SATORI』(71年)をカナダでチャートインさせるなど成功を収める。バンド解散後、ソロ・アルバム『ONE DAY』などを経て「トランザム」を結成。その後も「沢田研二&CO-COLO」など伝説的なバンドを渡り歩く。近年はかねてより傾倒していたインド音楽に自信のギタースタイルを組み合わせたまったく新しい楽器「シターラ」を開発。2000年には、アメリカ・カリフォルニアでのNAMMにも出品。飽くなき音楽への探究心はデビューから40年を経てもとどまるところを知らない。



ギタリスト加茂尚弘
連絡先 0476-24-6777(ネットハウス)

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
未病を治す 横山瑞生
第28

 このシリーズは『未病を治す』"自分の健康は自分で守る"ことを主眼においています。この意義は深く重いものです。決して私自身が考えたことではありません。
 中国を西から東へ流れる大河は黄河や長江が有名です。殊に黄河の流域は中国古代文明発祥の地です。中国の漢民族がこの黄河流れに沿って下り、中国の文明の発展に尽した歴史は良く知れているところです。
  漢字もまた漢族を中心として創造された、秀れた遺産です。これを用いて今日に残された貴重な医学こそ、漢方医学なのです。

 この連載を途中から読まれた方々のために、おさらいの意味で、以前に記したことを一部重複して今回は記述しましょう。

 世界古代四大文明の一つ、中国の黄河文明。今から遡ること、六千年はおろか八千年、あるいはもっと歴史があるといわれる漢民族・黄河文明。
  "漢方医学"と我国で呼称されるようになったのは江戸時代の末期。オランダ医学が移入され、これと区別するためでした。
自然科学を裏付けとして理論化されたドイツ医学が入って来るまでは、漢方医学とオランダ医学は共存していきました。しかし明治新政府になると、ドイツ医学のみが正当な医学と認められ、経験のみに頼っていた漢方医学は法的に葬り去られる運命になってしまいました。
 漢方医学は個人個人の体質や病期の過程を重視します。従って効率的な医療とは言えません。一方ドイツ医学は、一定の診断が付いた病氣には○○という薬を、例えば大人なら何錠、何グラムというように処方されます。大変効率が良いわけです。
これには時代の要求があるのです。明治政府は西洋のイギリスを手本に発展しようと志したのです。つまり、西欧の列強に学び、アジアに於ける植民地政策に転じ、多くの文明・文化を学び国作りに当った中国や朝鮮を侵略する、という蛮行に打って出たのです。風土病や伝染性疾患に漢方医学は適さず、ドイツ医学を優位としたわけです。
 ところが戦争が終わり、平和が戻ると、個人の多様な要求が得られるようになり、そこで漢方医学が再び民衆から支持されるようになって来たのです。次号へ続く。

PROFILE
横山 瑞生
(よこやま ずいしょう)
1939年
茨城県常陸大宮市に生れる。
1964年
東京高等鍼灸学校卒業、在学中から大塚敬節氏に師事し漢方を学ぶ、後小川晴通氏に師事し鍼灸を学ぶ。
1971年
中国医学研究協会設立に参画。
1973年
中華医学会の招聘で訪中、鍼麻酔、耳鍼療法学など我国に最初に紹介した1人。現在、日本東洋医学会会員、日中医療普及協会会長、新宿鍼灸師会会長、日本ホリスティック医学協会常任理事、一本堂鍼灸療院院長などの傍ら国内外の後進の指導に当たる。
著訳書
『カラー版鍼灸解剖図』『最新中医針灸穴位掛図』『針灸経穴辞典』『針灸寄穴辞典』『アレルギーはツボで治る』『耳針療法掛図』ほか多数。

連絡先
東京都新宿区本塩町10 四谷エースビル101
一本堂横山鍼灸療院  電話 03(3359)6693