古代史の散策を楽しむ Part.II
平安京遷都の一大テーマは怨霊・祟りからの開放 !

(古代史の散策を楽しむ Part.Iより続く)

日本の歴史に残る偉大な企業家の一人に、三井物産を総合商社にまで育て上げた益田孝の名前が挙げられます。

1848年、新潟県の佐渡に生まれ、幼い頃より語学に卓越した才能を発揮した益田氏は、12歳にして当時東京の麻布善福寺にあったアメリカ公使館に勤務することになりました。14歳の時には遣欧使節団に加わる機会が与えられ、明治維新の直後、アメリカの大手商社に入社。そして益田孝の活躍ぶりは、いつしか井上馨の目に留まり、23歳にして大蔵省に官吏として入省したのです。その後、これらの功績が三井家に高く評価され、1876年、弱冠27歳で三井物産の社長に就任します。

今よりも昔の方が年齢にこだわることなく、本人の実力次第で立身出世できるチャンスに恵まれていました。特に益田孝は、語学を特技とし諸外国の知識に長けていたため、その経験とスキルが明治政府にとって重宝されたのです。

青年時代における空海の活躍

百年前でも年齢の壁を越えて政界、財界で活躍する機会が20歳そこそこの青年に与えられたのですから、更に千年以上も昔となれば、出世の可能性は無限大だったのではないでしょうか。

それ故、平安時代初期の天皇政治の下で、比類なき才能を持った空海が20歳を前に政府高官への道を歩み始めたことは、想像に難くありません。大師和讃において「御歳七つのその時に衆生のために身を捨てて」と賞賛される空海は、15歳にして論語や孝経を習得、18歳の時には当時唯一の都の大学に入学して明経道を専攻し、儒学をマスターしました。そして空海の名声は桓武天皇にも知れ渡り、皇室の側近として活躍し始めます。

「弘法大師こそ、世界に誇り得る日本の英雄であり聖者である」と、湯川秀樹博士はおっしゃいましたが、正にその通りです。

ところが都の現状を目の当たりにした空海は、その栄華と仏教徒の世俗的衰退を危惧し、19歳で大学を退学してしまいます。空海が執筆した「三教指帰」には、「朝市の栄華念々にこれを厭い、巌藪(がんそう)の煙霞、日夕にこれをねがう」と書かれており、空海がどれ程、都の虚栄と宗教の荒廃に嫌気がさしていたかを察することができます。空海の目に焼きついた都の姿とは、貧困に悩む庶民と病人に溢れた苦悩の世界であり、それを思う度に空海は学問の追及よりも、むしろ真の道を説いて人々の魂を救うことを願ったのです。

空海が大学を去った背景には、都の危機もありました。長岡京が早良親王の祟りを始め、地理的要素に絡む様々な天変地異による危機に陥った際、南都六宗の仏教勢力を嫌っていた桓武天皇は、これらの問題を解決する糸口を掴むために、宗教アドバイザーを必要としました。そこで召集されたのが奈良で勉学に励んでいた空海ではないかと推測します。空海は既成仏教勢力と何ら関わりを持っておらず、しかも梵語や中国語等の外国語だけでなく、仏教思想や日本古来の宗教についても熟知していただけに、桓武天皇にとっては願ってもない人材だったのです。天皇の悩みを知るやいなや、空海はその答えを祈り求める為に大学を去り、思いを馳せて奈良の寺院を訪ねて歩き回り、その後大峯山、高野山、伊予の石鎚山、阿波の大滝ヶ嶽などで修行を重ねます。空海自身この時の自らの有様を、旧約聖書の預言者を髣髴させる「仮名乞児」と呼び、三教指帰には「荒縄を帯として、ぼろぼろの衣を纏った空海の顔はやつれ、長い脚が骨張って、池の畔の鷺の脚のようになった」と記載されています。そんなところにも空海が自らに課した過酷な苦行を垣間見ることができます。そして794年、空海は土佐の室戸岬、御厨人窟(みくろど)にて悟りを開きます。

空海が修行の際に時を過ごした大峯山も、実は、高野山と同様に固有の山を指す名称ではなく、吉野山から熊野へ続く山岳地域を意味しています。丁度その中心に山上岳が聳え立ち、頂上には修験道の根本道場となった“大峯山寺”が在ります。この大峯山も高野山と同様、四国剣山と伊勢神宮を結んだ一直線上に存在し、頂上からは、東に伊勢神宮、西には高野山を見渡すことができます。

そしてこれらの聖地と高野山、石上神宮との地理的繋がりに着目した空海は、伊勢神宮と石上神宮を結ぶ線を中心に、高野山の対称となる地点こそ、平安の都に相応しい聖地であることに気が付いたのです。そして794年3月、天皇は遷都の地を和気清麻呂と共に巡覧され、その後、造営が急ピッチで進められることになります。

平安初期を賑わす怨霊の大問題

短期間に2度に渡る遷都が繰り返された歴史の背景には、怨霊からの開放という問題が潜んでいました。せっかく平城京から長岡京に遷都したものの、直後から怨霊の噂が絶えず、悪夢や天変地異、身の回りの様々な不幸に桓武天皇は悩み、怯える日々を過ごしていました。その為、再度、都の造営が目論まれ、遷都にふさわしい新天地を求めた結果が平安京です。つまり、平安京遷都の一大テーマは、怨霊と祟りからの解放だったのです。そして天皇の命により、あらゆる手段を用いて平安京を鎮護する術が尽くされました。

まず遷都の立地条件においては、中国古来の教えである「四神相応」に基づき、東西南北が四神によって守護され、形勝の地を成すものとしました。前述した通り、四国剣山と伊勢神宮、さらに石上神宮を結ぶ線、そして高野山との地理的関連性も考慮され、お互いの距離関係も重視されました。その結果、特定された平安京の地は、鴨川の清流が「青龍」(せいりゅう)の象徴として東に存在し、都の邪気を逃す山陰道が「白虎」(びゃっこ)の象徴として西に、また南には川が注ぎ込む巨椋池の「朱雀」(すざく)、北には「玄武」(げんぶ)と呼ばれる亀と蛇を合体した守護神が守る船岡山の丘陵と、「四神相応」の理想的郷であったのです。

また、都を鎮護して怨霊の仕業である天変地異や不幸から身を守るためには、都の四方を寺社で守ることも重要でした。そこで桓武天皇は、都の東西南北に大将軍神社を建立し、神々の中でも強大な力が崇拝されてきたスサノオノミコトを祀ることによって厄払いをし、平安京を鎮護する礎としました。

また、古代より崇拝されて来た磐倉の巨石も、都の東西では観勝寺と金蔵寺、南北では明王院不動寺と山住神社に祀ることにより、都全体を大将軍と岩の神によって二重に加護することを目論みました。更に東西北三方を山に囲まれた平安京の南側を守る官設寺院として、796年には東寺が創建されました。この東寺こそ、823年に嵯峨天皇より空海に下賜され、五重塔が建立された後の真言密教の根本道場です。

最後に特筆すべきは鬼門を守る延暦寺の存在です。遷都直前の788年、最澄が開いた一乗止観院を起源として創建された延暦寺は、陰陽道の鬼門にあたる都の東北部に位置します。鬼が出入りすると考えられた鬼門を恐れた桓武天皇は、数多くある寺社の中でも延暦寺を最重要視し、そこで頻繁に加持祈祷が執り行われました。奈良の南都仏教勢力を逃れて遷都を決断した桓武天皇だけに、神のご加護を求めるにも奈良仏教の要素を極力排除したことは想像するに難しくありません。しかし怨霊を封じる為には、磐倉と大将軍神社、及び延暦寺の加持祈祷だけでは足りないと考えたのでしょうか、例外措置として守護神の象徴である毘沙門天を、都の北は鞍馬寺に、南は羅城門に置きました。こうして、平安京は造営当初から神々によって守護されるようになったのです。

平安京の背景に潜むマスターマインド

「怨霊からの開放」という天皇の切なる願いを実現するためのマスターマインドとして、背後で活躍したのが秦氏、和気清麻呂と空海です。秦氏は、経済的な支援を惜しまず提供し、遷都を実現するための原動力となりました。ユダヤにルーツを持つと言われる秦氏にとって、自らの影響力下である山背国葛野郡周辺に遷都を実現させることは、とても重要でした。秦氏の役割が経済的支援とするならば、和気清麻呂には建築土木技術における活躍が求められました。

長年、日本の国土を歩き回りながら培ってきた和気清麻呂の地理勘と、灌漑及び土木建築技術において、当時彼の右に出るものは誰もいませんでした。それ故、和気清麻呂には平安京の造営が任されたのです。そして桓武天皇が最も恐れた怨霊を取り除く為の宗教アドバイザーとして、当時、その語学力、諸外国文化の知識において比類なき名声を得ていた空海が側近として召され、遷都地の聖別と神宝の移設が任されたのです。こうして、秦氏、和気清麻呂、空海の三名によるコラボレーションにより、平安京の造営が急遽、実現する運びとなりました。

消息を絶つ空海の行方

平安京の遷都が実現した直後、空海は正式に僧侶となることを願い、剃髪得度の式を受けるため一旦、奈良に戻り、当時の規定に従って国家試験を受けました。奈良仏教に失望し、大学を中退して修行を積み、悟りを開いた空海が何故、奈良に戻ることになったのかは後述するとして、空海はその後2年間、奈良大安寺の住僧として、南都六宗の経典等の研究に徹し、796年、22歳にして唐より来朝していた泰信和上より具足戒を授かります。しかし、庶民の救済を忘れて無益な宗教哲学や立身出世を目指すことに終始する南都六宗を空海は嫌い「あらゆる僧尼は頭を剃って欲を剃らず」と、痛烈に批判し続けました。

そして祈り求めていたある日、空海は御仏の啓示により「久米の東塔に行くべし」との啓示を受け、そこで思いもよらず、インド密教をルーツに持つ「大日経」の経典七巻を発見します。

その経典には、仏と我が一体となる即身成仏に至る悟りの教理が記されており、大勢の庶民を救い導き、怨霊の祟りから天皇を始め、多くの人々を開放することを天命とした空海にとって、正に「生命の宗教」の基となるべき経典だったのです。その直後797年、当時23歳の空海は、突如として世俗から消息を絶ちます。そして804年、遣唐使として中国に渡るまでの7年間、空海は歴史から姿を消すのです。

(日本とユダヤのハーモニー 古代史の謎に迫る 第7章に続く)

(文・中島尚彦)

この記事へのご意見はこちら

TOP

Copyright©日本シティジャーナル編集部