ヘブライ語で解明できる囃子詞の数々
〜日本語の謎をヘブライ語で解き明かす!

秋田民謡に「姉コもさ」と呼ばれる恋心を歌ったロマンチックな民謡があります。この唄は元来銭吹唄の一つで、鉱山で働く職人によって精錬する際のリズムに合わせて歌われながら広まりました。「姉コもさ ヤーエー」と抑揚をつけて声高らかに叫ぶところからこの唄は始まりますが、「姉コもさ」の意味は日本語ではわかりにくいだけでなく、ヘブライ語で創造主の神を意味する「ヤーエー」という言葉がその直後に続くことから、この歌詞の謎はヘブライ語で解明できそうです。


「アネ」という発音を持つ言葉はヘブライ語で(アネ)と書き、「私」を意味します。次に「コモ」ですが、これはヘブライ語で(クム)と発音される「立ち上がる」を意味する言葉でないかと思われます。この言葉の発音は「コモ」とも聞こえます。この2つの言葉を繋げると「アネ・コモ」となり、「私は立ち上がる」という意味になります。そして語尾に「前に進め」という意味を持つ(サ!)を付加することにより、「姉コもさ」はヘブライ語で「私は立ち上がって前進する!」という意味になることがわかります。


さて、騒ぎ唄で陽気に歌われている「ハットセ」という囃子詞にも注目してみましょう。宮城県民謡である塩釜甚句や石投甚句に登場する「ハットセ」のルーツは、岩手県民謡の「南部アイヤ節」で使われている「ハットサッセ」という囃子詞にあると言われています。それが時間を経て「ハットセ」に訛ったというのが定説です。そこで「ハットサッセ」の意味をヘブライ語で検証してみました。ヘブライ語には日本人の耳には「ハット」とも聞こえる(フット)という言葉があり、「叫ぶ」という意味があります。その語尾に「喜ぶ」の意味を持つ「サッサ」を加えると、「ハットサッサ」というヘブライ語の掛け声になり、合わせて「喜び叫ぼう!」という意味に解釈できます。このヘブライ語がいつしか日本語で「ハットサッセ」と発音され、最終的にはそれが訛って「ハットセ」となり、多くの民謡で歌われるようになったのでしょう。


他にも大変興味深い囃子詞があります。例えば「エンヤー」という甲高い歌声で親しまれている囃子詞も、実はヘブライ語にルーツがあるようです。(エン)はヘブライ語で「泉」を意味します。「ヤ」は神の呼び名です。つまり「エンヤー」は「神の泉」を意味します。それ故、海や川、湖畔で歌われる民謡において、水の恵みを背景に歌う囃子詞として多用されるようになったと推測できます。


また「ソレソレ」という大変聞き慣れた囃子詞も、そのルーツをヘブライ語で解明することができるのです。ヘブライ語には「頑張れ!」という意味を持つ(サラ)という言葉がありますが、それを強調すると、言葉が重なり「サラーサラー」となります。それがいつしか日本語では「ソレソレ」と発音されるようになったものと考えられます。だからこそ、「ソレソレ」と囃子詞が唄われるお祭りの背景には、何かしら一生懸命頑張る人々に声援を送る祭り人の姿があるのではないでしょうか。


このように囃子詞のヘブライ語ルーツを辿ると、単に発音が日本語とマッチングするだけでなく、その意味が周囲の環境とお祭りの背景に繋がっていることがわかります。

(文・中島尚彦)

この記事へのご意見はこちら

TOP

Copyright©日本シティジャーナル編集部