各種ストロークごとに違うグリップを使ってみましょう

各種グリップ

各種グリップ

テニスラケットの「グリップ」には幾つかのスタイルがあります。最初に誰もが練習するのがフォアハンドですが、殆どのプレーヤーはまずイースタングリップでラケットをスイングすることを学びます。このグリップは握手をする感覚でラケットを握る為、シェークハンドグリップとも呼ばれています。またラケットが若干上向くコンチネンタルグリップもあり、一般的にはサービスやボレー等、手首の回転を多用するスイングで活用します。1980年代以降、特にフォアハンドを強打するため普及したウェスタングリップもあります。実はこのグリップこそ軟式テニスでは常用されているグリップであり、トップスピンをかけながらボールを打つことに適しているグリップです。このグリップを使うと自然な状態でもラケットの面が下を向き、前方に向かってボールを下からこすり上げるようなスウィングとなるため、強力なトップスピンがかかります。このようにテニスはストロークの種類によって臨機応変にグリップを変えなければならないため、それをマスターすることがレベルアップの条件となります。

(文:中島 尚彦)

テニススクール&お問合せ

公津の杜テニススクール
TEL.0476-28-4062
千葉県成田市公津の杜4-3
ライオンズ・テニススクール成田校
TEL.0476-27-3331
千葉県成田市米野230
◆楠クラブ
TEL.0476-26-1241
千葉県成田市船形828

この記事へのご意見はこちら

TOP

Copyright©日本シティジャーナル編集部